Loading posts...
  • 2009皆既日食の旅・3日目: 皆既,その後

    2009/7/229:38 皆既の間中,そこにいた人たち全てが歓喜した.夢のような瞬間に一緒に立ち会えたことを大いに喜び合った.大げさかもしれないが,生きていて良かった.そう思える出来事であった. 皆既が終わって皆余韻に浸りながら,喜び合った.至る所で握手,ハグ.皆既日食は一度見たらやみつきになるというが,その気持ちがよくわかった.これはその場にいないと決して感じることのできない五感で感じる体験だろう.本当にすばらしい経験ができたと思う.ここまで準備してくださった人々,一緒に同じ喜びを分かち合えた人々,そしてこの瞬間だけ晴れてくれた幸運に感謝したい.

  • 2009皆既日食の旅・3日目: 皆既!

    2009/7/229:27:09 あと皆既まで1分.太陽はみるみる細くなり,消えていく.

  • 2009皆既日食の旅・3日目: 日食開始

    2009/7/22 8:27 すでに日食開始から10分.まだ太陽は見えないが,晴れていく気配があり,皆の期待が高まる.

  • 2009皆既日食の旅・3日目: 皆既当日の朝

    2009/7/22 さあいよいよ今日が皆既日食の日. 日食は8時17分に開始し,皆既になるのは9時27分.ということで現地に7時に入るべく朝食は5時20分から,ホテル出発は6時というスケジュールである. 5:15 昨日の晩から天候が下り坂だといわれているがホテルの周りは少し雲がでているかなという感じ.このままもってくれればいいのだが.

  • 黒い太陽

    観てきました!すごかった!感動した! ひとまず今は,合肥のホテルに着いて夕飯前の休憩中.速報的に1枚だけ載せます. 日本のも天気は悪かったようですが,今回の観測地,中国安徽省桐城も朝は曇天.ポツポツ雨も来たような感じで月の第一接触(日食の開始)を迎えてややがっかりモードだったのですが,その後雲が切れだし青空がのぞき,すこし雲も流れてはいましたが見事な皆既日食を観ることができました.もう感動.ツアー客の一体感もすごいものでした. その後第四接触(日食終了)時にはまた曇って太陽が隠れているという状況で,神がかり的に皆既の前後だけ晴れたという,すごい状況でした. これから夕食行ってきます.大いに皆既日食観測成功を祝って飲みたいと思います.

  • Eclipse Hunterへの道: Part 2

    7/22の皆既日食まであと2ヶ月を切ったが,日食撮影用の準備を少しずつだがはじめている. 写真に関してはずぶの素人だし,太陽の撮影なんてのはなおのこと全くわかってないのでわりと早くから下調べとかは始めていたのだけど,太陽撮影で必要な減光フィルターの入手がままならない.ノーマルなのがND400というフィルターを2枚重ねてレンズに装着して使う,というのはすぐに知ったのだけど,そのND400はニーズが少ない上に今年の日食フィーバーを控えブツがない.メーカーに聞いても使ってるEOS Kiss x2の58mm用フィルターはすでに生産中止とのことで,ちょっと困っていた. 別のシートタイプのフィルターをひとまず入手はしてはいたのだけど,先日ヤフオクで58mmのND400フィルターを発見.価格もリーズナブルなので2枚即買いしてしまった. というわけで先日無事とどいたので,試しに数枚撮ってみた. 最初なのでめちゃくちゃ適当に撮ったのだけど, こっちはシャッタースピード 1/20,絞り f/5.6,ISO 100.焦点距離250mm(35mm判換算400mm) こっちは絞り,ISOは同じでシャッタースピード1/1000. まあこれからいろいろ微調整したり,もうちょっと勉強しなあかんけどまあなんとかいけそうな感じ. 実際の皆既日食の時にはフィルターの取り外し時間とかも考えなあかんからその辺の対策も含め,シートフィルターも用意してシミュレーションして練習しとかないとな. ま,懸念事項だったND400フィルターが入手できてまた一歩前進なのであった.

  • Eclipse Hunterへの道: Part 1

    この夏,中国に行くことにしました. 皆既日食を観るために.   今年の7月22日,日本のトカラ列島や硫黄島,そして中国の上海やインドなどを皆既日食帯が通ります.   すでに,トカラ列島はもちろん,奄美大島や屋久島,種子島等では受け入れのための準備が着々と進んでいて,ツアーの申し込みが始まっているものはすでに満席だったりしている模様.   だいぶ前から「死ぬまでに一度でいいから皆既日食は観たいなぁ.アフリカでもどこでもチャンスがあったら行きたいなぁ」と,思っていた.昨年くらいに,2009年は日本で皆既日食が観られる!というニュースを見たのだけど,それがトカラ列島の小さい島で,島民も非常に少なく水ですら他の島から船で運んでいるので世界中から数千人集まったらパニックになる,というような内容だったので,そんなところに野次馬みたいな自分が行くのはどうよ,という感じであきらめていたのであった.   それからだいぶ忘れていて,つい先週,何気なく「あ,そういえば皆既日食」と思い出し,ネットでツアーを探してみたけどもうすでに募集締め切りというのがほとんど.やっぱり無理よね,と思っていたのだが…   とある中国での観測ツアーの募集を発見し,翌日旅行代理店にダメ元で確認したら,なんとまあまだ空いているという.じゃあお願いと,出発地も聞かないまま予約してしまったのだった(後日確認し,福岡発だと知る.まあ何とかなるさといい加減な自分).   そんなわけで思いがけず中国に旅立つことが決定.まだ会社の休みもなーんも取ってないけど,それは何が何でも休むぞってことで.   日食のことを「Eclipse」といい,皆既日食は「Total Eclipse」というらしい(ちなみに金環日食は「Annular Eclipse」).そいでもって皆既日食を見た人はやみつきになって日食を追い続けたくなるらしい.そういう人を「Eclipse Hunters(日食追い)」と呼ばれるのだそうだ. ま,それもありかな,と思いつつ,まずは2009/7/22を迎えるための準備を粛々と始めるのであった.   ああ,楽しみ!