グランドサークルへ行こう!

グランドサークル(The Grand Circle)は,アメリカのユタ州・アリゾナ州の州境にあるレイクパウエルを中心にして半径約230kmの円を描いた一帯に広がる,『驚異の大自然』と『先住民族の歴史と文化』が集約されたエリアのことを指します.グランドキャニオン国立公園をはじめとして8つの国立公園と20近い国定公園が含まれるこのエリアは,エリアごとに様々な景観を持ち,大自然の凄さ,美しさを体いっぱいに体感できる場所です.

GrandCircleinUSA

どんなところ?
どうやって行くの?
グランドサークルマップ
グランドサークルの国立公園・国定公園など
グランドサークルに関する書籍など
このサイトについて


どんなところ?
世界遺産でもあるグランドキャニオンは東西約446kmにわたって延びる長大な峡谷.コロラド川の水流が500〜600万年かかって大地を削ってできた峡谷は上の地層が2億6000万年前,そして底の地層は20億年前のものという,まさに地球の歴史を辿れる場所でもありますが,その巨大さ,かかった期間の長さでそのスケールの凄まじさを感じてもらえるでしょう.

グランドキャニオン
Grand Canyon

またアメリカの原風景とも呼ばれる,西部劇などの映画でよく登場するモニュメントバレーもグランドサークルの一部.名前は知らなくても一度は目にされた事があるのではないでしょうか.

モニュメントバレー
Monument Valley

近年テレビCMなどでも登場し人気の高いアンテロープキャニオンは,砂丘が固まってできた砂岩が鉄砲水に侵食された「スロットキャニオン(細長い隙間の峡谷)」.上から差し込む光によって色合いが変化するその姿はまさに光の芸術です.

アンテロープキャニオン
Antelope Canyon

そして最近テレビで度々紹介されるようになった「ザ・ウェーブ」もグランドサークルの一員.景観を守るために一日たった20人しか入域できないという制限が課せられており,まさに秘境といえるでしょう.

ザ・ウェーブ
The Wave

その他,圧倒的なスケールの巨岩が立ち並ぶザイオンや,岩の芸術とも呼べるフードゥーが立ち並ぶブライスキャニオン,エリア内に2000もの自然でできたアーチ(穴のあいた岩)が存在するアーチーズ,1400年前に先住民族が住み着いて高度な文明で栄えたメサベルデ(世界遺産)など,見どころは数えきれません.

ザイオン
Zion

ブライスキャニオン
Bryce Canyon

アーチーズ(ダブルアーチ)
Double Arch

メサベルデ(クリフパレス)
Cliff Palace

どうやって行くの?
グランドサークルへは,ラスベガス,ソルトレイクシティ,フェニックスからそれぞれ車で行くのが一般的です.

ラスベガスからのルートが最もメジャーなコースで,グランドキャニオンまで約5時間,ザイオンまで約3時間です.

アーチーズやキャニオンランズからグランドサークルに入る場合はソルトレイクシティから行くのが便利でしょう.アーチーズやキャニオンランズへの拠点として便利な街モアブまでソルトレイクシティから約4時間です.

フェニックスからだとセドナまで約2時間,グランドキャニオンまで約4時間です.

日本からのツアーも多数存在し,ラスベガスを経由し3〜5日程度の期間でグランドサークルをめぐるものが多いようです.また現地発のツアーとして,ラスベガスを起点にグランドサークルを回るものが多くありますので,ネットで検索していただければいろいろ見つかると思います.

ただ,ツアーももちろんいいのですが,限られた時間でメジャーどころをたくさん回るために,どうしても各ポイントの良さをじっくりと堪能できないことや,日の出や日没などの素晴らしい瞬間を体感できるチャンスが多くなかったりもするようです.したがって,可能であればぜひ現地でレンタカーを借りて,マイペース・マイプランでのグランドサークル周遊を楽しんでいただくのをオススメしたいです.海外での慣れない運転や,英語圏でのホテル等の予約など,ハードルは多いですが,その分,じっくりと,そしてメジャーどころでないポイントもしっかりと,自分のペースでグランドサークルを堪能できるという大きな喜びが得られると思います.

グランドサークルマップ
車でのグランドサークル周遊をプランニングするときに考えなければいけないのが各ポイント間の移動時間ですが,主要ポイント間の移動距離と時間の目安を入れたマップを作成しました.よろしければご活用ください.

= グランドサークルマップ =(下記画像をクリックするとPDFが開きます)

GrandCircleMap thumbnail

※注意:
本マップの移動距離・時間は2013年2月にGoogleマップで調査した時間であり,あくまでも目安としてお考えください.実際の走行距離・時間については現地の交通状況等によって変わります.また無理な長時間運転は事故の原因になりますので,しっかりと休憩時間も計画に織り込んで,余裕を持った計画,安全運転でお願いします.

グランドサークルの国立公園・国定公園など
国立公園
グランドキャニオン国立公園(アリゾナ州)[世界遺産]
ペトリファイドフォレスト(化石の森)国立公園(アリゾナ州)
アーチーズ国立公園(ユタ州)
キャニオンランズ国立公園(ユタ州)
キャピトルリーフ国立公園(ユタ州)
ブライスキャニオン国立公園(ユタ州)
ザイオン国立公園(ユタ州)
メサベルデ国立公園(コロラド州)[世界遺産]

国定公園・州立公園など
キャニオン・ディ・シェイ国定公園(アリゾナ州)
ヴァーミリオンクリフス国定公園(アリゾナ州)
ナバホ国定公園(アリゾナ州)
Sunset Crater Volcano国定公園(アリゾナ州)
Walnut Canyon国定公園(アリゾナ州)
Wupatki国定公園(アリゾナ州)
グランドキャニオンーパラシャント国定公園(アリゾナ州)
Pipe Springs国定公園(アリゾナ州)
モニュメントバレー・ナバホ・トライバル公園(アリゾナ州)
グレンキャニオン国立保養地(アリゾナ州・ユタ州)
シーダーブレイクス国定公園(ユタ州)
ナチュラルブリッジ国定公園(ユタ州)
レインボーブリッジ国定公園(ユタ州)
グランドステアケース-エスカランテ国定公園(ユタ州)
デッドホースポイント州立公園(ユタ州)
ゴブリンバレー州立公園(ユタ州)
グースネック州立公園(ユタ州)
コダクロームベイスン州立公園(ユタ州)
スノーキャニオン州立公園(ユタ州)
Coral Pink Sand Dunes州立公園(ユタ州)
Hovenweep国定公園(コロラド州・ユタ州)
Canyons of the Ancients国定公園(コロラド州)
コロラド国定公園(コロラド州)
Aztec Ruins国定公園(ニューメキシコ州)
チャコカルチャー国定史跡公園(ニューメキシコ州)[世界遺産]

フォー・コーナーズ国定記念物(アリゾナ州・コロラド州・ニューメキシコ州・ユタ州)
メテオクレーター(バリンジャー・クレーター) (アリゾナ州)
アンテロープキャニオン(アリゾナ州)
セドナ(アリゾナ州)
メキシカンハット(ユタ州)
グランドキャニオンウェスト(スカイウォーク)(アリゾナ州)
ホースシューベンド(アリゾナ州)

グランドサークルに関する書籍など
まずは下記を参考にしてください.グランドサークルへ行くには必携だと思います.

地球の歩き方 ガイドブック B13 アメリカの国立公園

地球の歩き方・アメリカの国立公園

ダイヤモンド社・地球の歩き方編集室著

こちらはたくさんの写真でグランドサークルのポイントを紹介しているなかなか稀有な書籍です.

グランドサークル&セドナ
アメリカ驚異の大自然を五感で味わう体験ガイド (地球の歩き方GEM STONE)

grandcircleandsedona

ダイヤモンド社・地球の歩き方編集室著

このサイトについて
このサイトではグランドサークルの素晴らしさを少しでもお伝えし,「へぇ,グランドキャニオンは知っていたけど,その周辺にもっとすごい場所がいっぱいあるんや,それなら行ってみたいやん!」と思ってもらえる方を増やすこと.そして実際に行くにはどうしたらいいのか,どんな場所があるのか,などの参考情報をお伝えすること,そしてなにより実際に現地を回っていっぱい感動していただくこと,を目的にしています.

近年,アメリカ大自然ツアーとして日本からグランドサークルへのツアーも多くなってきておりそれは素晴らしいことなのですが,どうせ行かれるならぜひご自身でレンタカーを借りてご自身のペースでじっくりグランドサークルを周っていただきたいと思っています.もちろんツアーもいいのですが,メジャーどころ以外にもグランドサークルには素晴らしいところがたくさんありますし,またツアーの限られた時間では各ポイントをじっくり堪能することが難しい場合もあるでしょう.せっかく高額の費用を使って現地に行かれるのであれば,ハードルは高くなってしまうかもしれませんが,マイペース・マイプランでじっくりグランドサークルを周ってみられてはいかがでしょうか.

なお,このサイトに記載している情報やデータについては,あくまでも記載時点の管理者が知る情報に基づいて記載しています.確認不足や時間経過のために情報やデータに古いものや誤りがある場合があります.このサイトの記載に基づいて行動されたことで受けられた被害や損害については本サイト管理者は一切責任を負いません.特に現地での行動等については必ずご自身で確認・判断された上で行なっていただきますようお願いします.

Archives