2011グランドサークル 旅行記・Day9

=Day9 (5/6)の旅程=

ブライスキャニオン→UT-12号線を走り,キャピトルリーフ国立公園へ→さらにUT-12を通って北へ→ソルトレイクシティ(泊)

9日目.ついに最終日.Waveでの燃え尽き感も若干ある中,ブライスの朝日を見てやはりグランドサークルのすばらしさを再認識し,気をとりなおして最終日をじっくり楽しむことに.ただ今晩中にソルトレイクシティまで戻らなければいけないのでほぼ移動のみ.景観が素晴らしいというUT12号線を北東に向かって進むが,予想以上の絶景続きにテンションも上がる.やはりこのエリアはもっと腰を落ち着けて訪れたいと再認識. 途中,キャピトルリーフ国立公園に入り,いくつかのポイントを見学し,そのまま北上.ソルトレイクシティで最後の夜を迎えるのであった.

ブライスポイントでの朝日

(続きは[More…]をクリックしてください)

 

 

朝日を受けて輝き出すブライスのフードゥー

 

鳥にも,鹿にも出会う

 

ブライスキャニオンを後にし,UT-12号線を東へ.ブライスのようなフードゥー地帯を通り過ぎたり,別の景観を通ったり.この道路はグランドサークルのサファリパークのようだ.

 

少し行くと,グランドステアケース・エスカランテ国定公園のビジターセンター.この辺り一帯が様々な色彩を持つ地層が多様に表面にでて見事な景観を作っている場所.ここは改めてじっくり来たいところだ.

 

先に進むと別のビジターセンター.今回は時間がないのでビジターセンターに立ち寄るだけだが,それでも楽しい.

 

さらに先に進む.多彩な景観が素晴らしい. しばらく行くと標高がかなり高くなる.2800mを超えていて,周りには雪が.

 

TORREYという街に到着.ここで昼食.標高が高いから,チップスの袋がパンパン.

 

アフロなコヨーテに出会ったり

 

キャピトルリーフ国立公園到着.迎えてくれたのはチムニーロック.煙突の岩です.

 

ここにもグースネックポイントがあるので立ち寄る.4つ目のクネクネと期待したが,ちょっと小規模かな.

 

キャッスルロック

 

ビジターセンター

 

ペトログリフ.キャピトルリーフを代表するキャラクタにもなっている絵だ.このあたりは水があって緑があり,他所とまた違う環境だ.

 

キャピトルリーフを抜けUT-12を進む.次はもっと時間をとって来るぞ.

 

キャピトルリーフから約4時間.ようやくソルトレイクシティに帰ってきた.かなりの長距離ドライブでさすがに疲れる.

 

せっかくなのでソルトレイクシティのアップルストアに寄ったりしながら,最後はデニーズで夕食を取り,グランドサークルの旅も終了である.

 

9日間,総走行距離,約3600km.ユタからコロラドにも立ち寄りアリゾナ,そしてユタとぐるっと周遊し,グランドサークルの主要ポイントの多くを回ることができた非常に充実したな旅でした.でも知れば知るほど,見れば見るほど,もっと来たくなる魅力のあるグランドサークル.必ずまたいつの日か来るのだ.きっと.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.