2010 ドイツ・ベネルクスの旅: Day4 (5)

ついに最終目的地ドイツ・ケルンに到着.
ケルンは2004年に一度訪れており,その時ケルシュビールにすっかりはまり,ドイツに来るならぜひとも再訪したいとずっと思ってきた地である.ホテルにチェックインしさっそく夜の市内へ繰り出す.Nくんの情報通り大聖堂前の広場でクリスマスマーケットが開催中.かなりの賑わいである.

もちろんクリスマスマーケットにも行きたいのだが,まずは店が閉まる前の土産物屋の物色を優先する.

ここはケルシュビールfrühの醸造所レストラン.6年前にも訪れたところ.今日の夕食はここにするのだ.

ケルンはオーデコロン発祥の地(オーデコロン=「ケルンの水」の意).その発祥の店である「4711」でお土産を探す.

ある程度土産を買えたので,大聖堂の写真を撮影すべく周囲をまわる.大聖堂が大きすぎるので近づくと写真に収まらないので難しいところだ.

ライン川に掛かる橋には恋愛成就の願いを込めた鍵がたくさんかかっている.恋人同士でここに来て鍵をかけると二人の関係が末永く続くとの言い伝えがあるらしい.

ではクリスマスマーケットへ.

たくさんの出店が出ていて賑わっている.クリスマスマーケットは初体験だが楽しい.

そしてグリューワイン.このカップは開催地ごとに違っていて集めるのがひとつの楽しみになっているとNくんに教えてもらう.なんか楽しい.

いろいろで店のある中で見つけたのがこれ,ラクレット.一度食べてみたかったでさっそく購入.溶けたチーズをパンに乗せるだけと思ったらなんと焼いたチーズを3回分も乗せてくれる.そしてこれがうまい!もう最高!めちゃくちゃ感激したのであった.

ラクレットとグリューワインに感激したので,いよいよケルシュビールとソーセージを楽しみにfrühへ.

待ちに待ったケルシュビール.日本でも少し飲んだが,現地で飲むのは6年ぶり.うれしい.

そしてソーセージ.マッシュポテトの量が半端じゃない.

ケルシュビールは写真のような細長いグラスで飲む.そしてほとんどわんこそば状態で,次から次へとおかわりを持ってきてくれる.1杯の量もそう多くなく,軽いのでじゃんじゃん飲んでしまう.ここで飲んだのは結局5杯.久々のケルシュはやはり旨かった.

frühを出て少し街を歩くと,別のところでもマーケットが.スケートリンクまで出来ていたりする.

ウロウロして2軒目,Dom Kölschのレストランへ.Dom Kölschは日本でも入手可能なケルシュ.時々見つけたら買って飲んだりするが,やはり現地で飲みたかった.

いやぁ.うまい.感激.何年もこの時を待ち望んできたのでほんとうに嬉しい.やはり醸造所が違うので,frühと味が違う.どちらもうまいが,どちらかというとfrühのほうが好きかな.Domも好きだけど.

わんこそば状態のケルシュビールは,何倍飲んだかのカウントをコースターに書き込む.この時点で2人で4杯.

結局この後もう1杯ずつ飲んでDomは3杯.frühと合わせて今夜は全部で8杯ずつ飲んだ計算.グラスが小さいとはいえ,よく飲んだな.満足です.

ケルンの夜を堪能したのでホテルへ戻り,帰国に向けて荷造りするのであった.

Day5(最終日)へ続く

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.