2009皆既日食の旅・2日目: 安慶観光,下見

2009/7/21

今日は日食前日.ホテルの近くを軽く観光してから観測地の下見である.
夜中は人通りも車も少なかったが朝早くからホテル前の道路は慌ただしい.自転車に乗っているオッちゃんが上半身裸なのが楽しい.

 

朝食はホテルのバイキング.一応4つ星級のホテルなのだがあまり口に合うものが少ない.豆はわりとうまかったので豆ばかり食べて栄養をつける.

 

ホテルの売店をぶらつく.オレオだ.異国に来た感じ満開で楽しい.

 

少しホテルの周りを散歩してみる.自転車とバイクが多く,また,みんな交通マナー悪い.クラクションは鳴らしまくりだわ,おばちゃんも平気でバイクの前を横断してるし.何十年前の日本もこんな感じだったのだろうか.




 

午前はホテル近郊をバスで観光.まずは長江沿いに建っている「振風塔」というところに.

 

10元で塔に上れるのだがこれがまた怖い.手すりとかないし,階段急だし.でも上から見た眺めはすばらしい.目の前に長江がどーんと.実は今回はほとんど地理的な予習をせずに来たので長江が見られるなんて全く予想外だった.これが長江なのかとちょっと感動.

 

ツアー客はほぼすべて日本人なのだが,3人だけ外国の方が参加.福岡から来られた方の友達とかで,南アフリカから来られたとか.その一人の方が2002年のジンバブエでの皆既日食のTシャツを着ているのがうらやましいのであった.
この南アの3人とはこのあとやたらと仲良くなり,ほとんど一緒に行動することになるのであった.

 

次はホテルそばの「菱湖公園」.中に入ると大きな池に遊園地.ボートなんかもあったりして,雰囲気はなんとなく「ひらパー(ひらかたパーク)」?



 

さて午後は観測現場の下見.バスでだいたい1時間.天城中学というところ(中学といっても日本でいうと高校なのかな?).周りは田舎なのだが学校は近代的.天文台があったりする理数系のエリート校という雰囲気.
皆既日食の中心線がこの学校を横断しているのである.

 

講堂で校長先生の歓迎の挨拶があり,そのあとツアーを監修してくださっている山口天文協会会長の小林先生から諸注意を聞く.午前はこの学校で学生相手に講演会をされていたそうだ.日食を機会に日中交流である.

 

パンダのゴミ箱

 

日食のポスター.こういうの見るとテンション上がるな.

 

観測場所付近で小林先生の説明.真ん中の方が小林先生.

小林先生はこれまで9回皆既日食観測に挑まれパーフェクトで観測できているという日食のエキスパート.ここも2回ほど下見に来られているのだ.いろんな候補地の中から様々なことを考慮されてここを選ばれたという.その選定過程はこちらに詳しく書いてあるのだがすごい.

皆既日食【黒い太陽】を求めて ー 現地事前観測場所選定報告

下見中は暑いほどの快晴だが,この好天が明日も続けばいいのだが..

 

ホテルに戻って夕食後は小林先生の日食講座.
そのあと少しだけ夜の散歩をし,明朝早いのでそうそうに休むのであった.

2009皆既日食の旅・3日目: いよいよ当日,へ続く

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.