2007グランドサークル旅行記・Day5 (1)

=レイクパウエルの朝=

いよいよ最終日.今日中にフェニックスまで戻って,明日早朝のフライトに備えなければいけない.Pageからフェニックスまではまっすぐ戻っても約280マイル,約450km.京都-横浜間に相当する距離である.なので今日はあちこち見て回るのでなく基本的には帰るだけにして,途中1カ所だけ寄り道する予定である.

例によって今日も朝早く起きて日の出を.部屋からすぐがマリーナなので,ちょっと散歩がてら歩いていいポイントに移動.日の出を待つ.

DSCF6658

(続きは[More…]をクリックしてください)

 

日の出だ.湖面に陽が映っているのがきれいだ.

DSCF6662

朝日を受けるホテル.

DSCF6674

別の方角.湖の奥に岩山が見える.

DSCF6706

朝食はホテルのレストラン.昨日の晩目の前で閉店してしまったレストランである.パンケーキにしてみた.

DSCF6711

ホテルの周辺には桜が満開であった.こんなところで桜を見るとはちょっとびっくりだった.

DSCF6717DSCF6722

=出発=

9時過ぎ,いよいよレイクパウエルを出発.ひたすら南へ向かう.

少し車を走らせたところの景観ポイントに車を止め,マリーナとお別れする.

DSCF6734

Pageの街を横目にI-89を南下.昨晩お世話になったDenny’sともお別れである.

DSCF6745

しばらく真っすぐな広い平原を走る.

DSCF6748

そうかと思えば岩山をぶった切って開いた道.

DSCF6751

その向こうにはまた広い荒野が広がっていた.

DSCF6759

途中,道路工事で片道通行.こんなところでも工事するんだ.当たり前か.

DSCF6761

レイクパウエルを出て2時間強.なんとかCameron到着.

ナバホの土産物屋さんに立ち寄る.

DSCF6827DSCF6828

適当に土産物も買って,再出発.

Cameronから30分くらい走るとFragstaffのサンフランシスコピークが迎えてくれた.4日ぶりだね!

DSCF6860

鉄道も走ってた.貨物だけど.

DSCF6874

Fragstaffをかすめ,そこからインターステートハイウェイ40号線を東へ.今日唯一の寄り道はFragstaffから45マイルほどのところにあるメテオクレーター.バリンジャー・クレーターとも言うらしい.世界で唯一,ほとんど風化されずに残っている隕石孔である.以前に「水曜どうでしょう」でアメリカ横断をしていた際に立ち寄っていた場所.ガイドブック見ていたときに思い出して,いっぺん行ってみたい!と思っていた場所である.

DSCF6884

メテオクレーターへ向かう出口で間違えずに降りて,南へ進路を取る.

DSCF6886

まただだっ広い平原をひた走るのであった.

DSCF6892

旅行記 2007/03: Day5 (2)へ続く.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.