2009皆既日食の旅・1日目: 上海〜安慶

2009/7/20

いよいよツアー初日.10時半頃に福岡空港に着き,ツアーカウンターへ.チェックインして控え室でツアーの説明を受ける.こういうツアーは初めてで,あまり団体行動が好きじゃないのでこういうのはなんかまだるっこしい.とはいえ今回は勝手のわからない中国だし,なんも考えて無くても連れて行ってもらえるのだから文句言ったらバチが当たるな.

早速搭乗かと思ったら飛行機がまだ到着してなかったとかで30分以上待たされる.最後の日本食だと思って時間がないのに慌ててうどんをかき込んだのに,こんなことならゆっくり食べれば良かった.

無事に離陸し,機内食.うどん食べたばかりなわりに,わりと食べられた.コーヒークリームが「珈琲伴侶」,サウザンアイランド・ドレッシングが「千島汁」というのが面白い.中国って感じだ.


1時間半ちょっとで上海・浦東空港に到着.牧瀬里穂(?)に迎えられる.


ここで合肥行きの飛行機に乗り換え.しばしの待ち時間に空港内を探索.上海ガニが売っていたりする.


合肥行きの飛行機に搭乗し,離陸を待つ間少しウトウト.そういえばまだ飛ばないのかなぁ,と思っていたらなんと機械トラブルとやらで一回降りろという.おお,こんなのは初体験だ.まあ妙な状態で飛ばれるよりはいいんだけど.
それでなくても遅くなっているのにいつになったら目的地に着くのやら.臨時の搭乗券を受け取りしばしまたロビーで待つことに.


しばらくすると航空会社から飲み物の差し入れが.午後の紅茶だ.しかも今時珍しいプルタブだ.


まだ長引きそうだということで今度はお弁当の配布.ほんとならあと1時間くらいでホテルに着いている時間なんだけどな.すでに予定より3時間遅れです.

キャベツだけが美味しかった弁当を食べられるだけ食べ,引き続き待機.夕焼けがきれいだ.明後日は美しい日食を見せておくれと太陽に語りかけるのであった.

その後なんとかかんとか不安の中,無事に飛び,21時少し前に合肥に到着.3時間半以上の遅れだ.ここからホテルまでバスで2時間.暗闇の中,高速を突っ走る.真っ暗で景色なんて見えない.バスのエアコンが効きすぎで20度にまで冷え,皆凍えていたのであった.



23時過ぎ,ようやくホテル到着.疲れた.ルームカードキーがICチップでなくボタン電池みたいなのが可笑しい.珍しいものを見れてちょっとうれしかったり.

もう日が変わろうかという時間に遅い夕食を食べる.こんな時間まで待たされたホテルの人も大変だったろうな.予定通りなら20時くらいからの楽しい晩餐だったのだろうが,食べられるだけ食べてそそくさと部屋に帰るのであった.

2009皆既日食の旅・2日目へ続く

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.